顧問、契約書作成、人事・労務問題、債権回収、倒産・再生、遺言・相続、不動産、債務整理、交通事故に関するお問い合わせは「東京大塚法律事務所」へ

契約書の判断に困ったら

  取引先から、契約書を作成して欲しいと言われた。
  取引先が作成した契約書に調印するよう求められた。

  コンプライアンス(法令順守)が叫ばれる昨今、こうした場面は日常的となりました。


 皆様方は
・ どのような契約書を作成したらいいの?
・ この契約書で大丈夫?
・ 何か不利なことになりやしないか?
・ 万一の時大丈夫?

 など、さまざまな不安を感じておられるのではないでしょうか?

  こうした場合、安易に契約書にサインしては絶対にいけません

 
  契約書は、裁判所ではもちろんのこと実社会においても重要書類と扱われていますので、後でそうじゃなかった、知らなかったといっても、それを証明することは極めて困難です。皆様の中にも、痛い想いをされた方が少なくないのではないでしょうか?
  そこで、当たり前ではありますが、法律専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。


作成費用

   当事務所は、「あなたの力になりたい」を理念としておりますので、皆様に最善のアドバイスをさせていただくことはもちろんとして、費用についても柔軟に対応しております。
  当事務所は、旧日本弁護士連合会の報酬基準に準拠しておりますが、相談者の経済事情に最大限配慮させていただき、分割払などにも応じさせていただいております。
  敷居は高くありませんので、お気軽にご相談ください。




契約書関連ページ

■契約書の判断に困ったら

契約書の重要性 

■契約書のチェック ・ポイント

■市販契約書作成の注意点